オートステープラ事業

”とじる”というアートの追求とオートメーションによる価値創造

マックスは、1985年に複合機内蔵用電動ホッチキス「オートステープラ」を発売しました。品質・精度の高さで、これまでに数々の複合機・プリンターメーカーに採用され、デジタルプリント環境におけるフィニッシングソリューションをサポートしています。

マックスは、技術革新で、お客様のニーズに応えます。

「オートステープラ」はプリント後の自動ホッチキス機能として進化し、最上位機種の綴り能力は100枚に達しています。さらに追加機能として薄い枚数でもとじた後の針足長さを目立たせない針足カット機構を磨き上げました。