Q&A

大切なお知らせ

2021年8月1日より点検制度が変わりました

詳細はこちらへ

よくあるご質問

Q
所有者票(返信ハガキ)を無くしました。どうすればいいですか?
A

所有者票(返信ハガキ)を再発行いたします。
長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。

Q
法定点検の費用はどれぐらいかかりますか?
A

法令に基づく分解・点検・清掃を含む1台当たりの費用は19,500円(税込21,450円)です。
内訳は、技術料15,800円(税込17,380円)・出張費3,700円(税込4,070円)となっております。

  • 離島および離島に準ずる遠隔地で出張点検を行った場合、出張に要する実費を申し受けます。
  • 当日お客様のご都合でキャンセルになった場合はキャンセル料を請求させていただきます。
Q
法定点検の時間はどれぐらいかかりますか?
A

法定点検の時間は2時間ほど見ていただいております。
ただし設置状況や設置環境により異なる場合もございますので、ご了承ください。
また点検中は必ずご在宅いただけますようお願いいたします。
点検前に設置状態の確認をしていただき、点検後に点検結果を説明させていただきます。

制度に関するご質問

Q
長期使用製品安全点検制度とは、どのような制度ですか?
A

消費生活用製品安全法(消安法)が改正され、平成21(2009)年4月1日より施行されました。
長期間使用する製品の中でも特に経年劣化によって火災やけが等の重大事故を発生するおそれが高く、所有者自身による保守が難しい製品に対し、 所有者様・販売店様・メーカー等がそれぞれ適切な役割を果たすことで、経年劣化による事故を防止することを目的として設けられた制度です。
≪所有者様≫ 所有者登録を行う、 法定点検(有償)等の保守を受ける 等
≪販売店様≫ 所有者へ引き渡し時に制度等の説明を行う 等
≪メーカー≫ 点検期間前に所有者へ点検を通知する、 点検(有償)を行う 等

Q
長期使用/製品安全点検制度の対象製品は何ですか?
A

弊社の取扱製品では、浴室用電気乾燥機(浴室暖房・換気・乾燥機)が対象です。
対象製品は「特定保守製品」と呼ばれ、2017年12月時点で9品目が指定されています。その他の製品については経済産業省のホームページ 「長期使用製品安全点検・表示制度」でご覧いただけます。

Q
法定点検は受けないといけませんか?
A

所有者に対する罰則はありませんが、所有者登録や法定点検等の保守を受けることが責務として法律上規定されています。 これは、経年劣化による事故が発生した場合、他人に危害をおよぼすおそれがあるため、所有者に責務がかかっています。 特にアパートやマンション等のオーナーに対してはより強くこの対応が求められます。

Q
設計標準使用期間とは何ですか?
A

設計標準使用期間とは、製造年月を始期とし、標準的な使用条件(JIS C 9920-2)に基づいて経年劣化により安全上支障が生じるおそれが 著しく少ないことを確認した期間を終期として算出しています。 弊社の浴室用電気乾燥機(浴室暖房・換気・乾燥機)は10年です。これは安全上の観点から定められたものであり、故障しない期間等を表すものではありません。

標準使用条件
環境条件 電圧 単相100V または 単相200V 製品の定格電圧による
周波数 50Hz または 60Hz ­
温度 20℃ ­
湿度 65% ­
設置 標準設置 製品の取付説明書による
負荷条件 定格負荷(浴室の広さ、乾燥する衣類の量など) 製品の取扱説明書による
想定時間 1年間の
使用時間
換気時間 a) (局所換気)     1,460時間/年 ­
換気時間                 650時間/年 ­
暖房時間 b)               302時間/年 ­
注記 表1の温度20℃、湿度65%、JIS C 9603の試験状態を参考としている。
注a) 常時換気(24時間連続換気)のものは、8760時間/年とする。
注b) 暖房機能のないものは適用しない。
Q
施行前の製品を使っています。対象外ですか?
A

施行前の製品(2009年3月31日以前に製造および輸入された製品)は、法律による点検義務はありませんが、お客様のご希望により法定点検に準じた点検(有償)を実施いたします。 ただし点検の結果「整備が必要」と判断された場合でも、整備用部品の保有期間を過ぎている場合は整備できない場合があります。 その際には本体交換をおすすめする場合もございますので、ご了承ください。
また「焦げ臭い」「音が大きくなった」「異音がする」等の症状がでましたら、運転を停止しブレーカーを切って、修理受付窓口 0120-011-408 までご連絡ください。

所有者登録に関するご質問

Q
所有者登録はどのようにすればいいですか?
A

所有者票(返信ハガキ)、インターネット、携帯サイトのいずれかからご登録ください。

所有者票(返信ハガキ)
製品添付の所有者票に所定事項をご記入の上、ミシン目で切り取って返信してください。
所有者票がお手元にない場合は、
長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。
インターネットでのご登録
製品添付の所有者票をお手元にご用意の上、こちら よりご登録ください。
携帯サイトでのご登録
製品添付の所有者票の二次元コードを読み取ってください。所有者票の情報(品番・製造番号)が反映された画面が開きますので、画面表示に沿ってご登録ください。
  • 平成21(2009)年3月31日以前に製造および輸入された製品は上記の方法ではご登録いただけません。長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。
Q
所有者登録情報(氏名・住所等)が変わりました。
どうすればいいですか?
A

弊社WEBサイトにてお客様ご自身で変更していたくか、下記窓口まで電話でご連絡ください。

【WEBサイト】 お手元に登録コード・パスワードをご用意の上、こちら より変更を行ってください。
【電話】 長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。

Q
所有者登録は誰が行うのですか?
A

所有者ご自身で行っていただくのが基本です。
販売店・不動産販売業者等の取引事業者の方にお願いしても良いこととなっています。

Q
所有者登録をしたか忘れてしまいました。確認できますか?
A

登録の確認をさせていただきますので、
所有者ご本人から長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。

Q
所有者票を投函しましたが、登録完了のお知らせが届きません。
いつ頃届きますか?
A

お待たせしてしまい申し訳ござません。登録まで3週間ほどお時間をいただいております。
2か月以上経過しても届かない場合は、お手数をお掛けし申し訳ございませんが、
長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。

Q
所有者票(返信ハガキ)を無くしました。どうすればいいですか?
A

所有者票(返信ハガキ)を再発行いたします。
長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご連絡ください。

点検に関するご質問

Q
ショートメッセージサービス(SMS)の案内がありましたが、
どういったものですか?
A

弊社では点検に関する情報をお客様にお伝えするために、
ショートメッセージサービス(以下SMS)によるお知らせを行うことがあります。

  • SMSとは

    短いメッセージを携帯電話番号宛てに送受信するサービスです。
    docomo、SoftBank、rakutenでは「SMS(ショートメール)」、auでは「Cメール」に該当するサービスです。
    SMSの受信料は無料です。

  • 配信先

    お客様より弊社にお届け頂いている携帯電話番号です。

  • 配信内容

    弊社からお送りするSMSでは、次の内容をお知らせします。
    ・法定点検に関するご案内

  • 送信元電話番号

    送信元電話番号として、下記の電話番号が表示されます。
    ・NTTドコモ、au、rakutenをご利用のお客様  「050-3659-6384」「05036596384」
    ・SoftBankをご利用のお客様  「247140」

    • 送信元電話番号に返信することはできません。
    • 送信元電話番号に電話をお掛けいただいてもおつなぎすることはできません。
      SMSに記載の電話番号にご連絡ください。
Q
点検案内通知を「入居者様」宛てに郵送してもらえますか?
A

「入居者様」宛てに変更し郵送することは「郵便法」に抵触するため申し受けることはできません。
ご理解いただけますようお願いいたします。

Q
法定点検期間はいつですか?
A

製造年月から9年経過後から11年経過後までの2年間が法定点検期間です。
浴室の天井パネルのシールでご確認いただけます。(転倒しないよう十分にご注意ください。)

また所有者登録をされたお客様には、弊社より法定点検期間の半年前(製造年月から8.5年経過)から点検のお知らせをさせていただきます。

Q
法定点検期間を過ぎてしまいましたが、点検できますか?
A

期間を過ぎても、お客様のご希望により法定点検に準じた点検(有償)を実施させていただきます。
ただし点検の結果「整備が必要」となった場合でも、整備用部品の保有年数を過ぎている場合は修理ができない場合があります。ご了承をいただいた上で対応をさせていただきます。

Q
古い製品でも点検してもらえますか?
A

お客様のご希望により法定点検に準じた点検(有償)を実施いたします。
ただし点検の結果「整備が必要」となった場合でも、整備用部品の保有年数を過ぎている場合は修理ができない場合があります。 その際には本体交換をおすすめする場合もございますので、ご了承ください。
点検は、長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご依頼ください。

Q
法定点検で「整備が必要」と判断された場合、
必ず整備してもらえますか?
A

法定点検の受付時に整備用部品の保有状況を確認し、整備の可否をお伝えします。
整備用部品の保有年数を過ぎている場合は修理ができない場合があります。
その際には本体交換をおすすめする場合もございますので、ご了承ください。

Q
法定点検後、不具合が出た場合は保証してくれますか?
A

法定点検は、点検後の安全を保証するものではありません。 消費生活用製品安全法で規定された点検基準に基づき、法定点検時点での製品が点検基準に適合しているかを確認するものです。 また法定点検後も継続使用される場合には、安全にご使用いただく為、弊社より1年ごとに定期点検(有償)のお知らせの送付を予定しています。

Q
法定点検の依頼はどのようにすればいいですか?
A

法定点検期間の前に送付いたします「法定点検のお知らせ」に同封のハガキ、もしくは電話でご依頼ください。 「法定点検のお知らせ」は所有者登録されたお客様へ送付させていただいております。
所有者登録がお済みでないお客様は こちら より登録いただけます。

法定点検のお知らせに同封の返信ハガキでのご依頼
返信ハガキ裏面の必要事項をご記入後、同封の個人情報保護シールを貼付の上、返信ください。
電話でのご依頼
長期使用製品点検窓口 0120-017-680 までご依頼ください。
Q
リモコンの点検ランプが点滅しています。
このまま使い続けてもよいですか?
A

このランプは法定点検時期をお知らせするものです。故障をお知らせするものではありません。 点滅状態のままでも通常通りご使用いただけますが、経年劣化に伴い発火・けが等の事故に至るおそれがありますので、早めに法定点検のご依頼をお願いいたします。

Q
整備用部品がない場合は使用を止めるべきですか?
A

法定点検の結果「異常なし」と判断された場合には継続してご使用いただけますが、その後もこまめな点検の実施をお願いいたします。 弊社では安全にご使用いただく為、1年ごとに定期点検(有償)のお知らせの送付を予定しています。 ただし点検の結果「整備が必要」となった場合でも、整備用部品の保有年数を過ぎている場合は修理ができない場合があります。 その際には本体交換をおすすめする場合もございますので、ご了承ください。

Q
法定点検の費用はどれぐらいかかりますか?
A

法令に基づく分解・点検・清掃を含む1台当たりの費用は19,500円(税込21,450円)です。
内訳は、技術料15,800円(税込17,380円)・出張費3,700円(税込4,070円)となっております。

  • 離島および離島に準ずる遠隔地で出張点検を行った場合、出張に要する実費を申し受けます。
  • 当日お客様のご都合でキャンセルになった場合はキャンセル料を請求させていただきます。
Q
法定点検の時間はどれぐらいかかりますか?
A

法定点検の時間は2時間ほど見ていただいております。
ただし設置状況や設置環境により異なる場合もございますので、ご了承ください。
また点検中は必ずご在宅いただけますようお願いいたします。
点検前に設置状態の確認をしていただき、点検後に点検結果を説明させていただきます。