ページ内移動用のリンクです

先輩社員を知る開発・技術

神庭 裕史 生産技術部 1課 / 2008年入社 / 機械工学科卒 これだけは他人に負けない、という「こだわり」を一つ持つこと。

今はどんな仕事を担当していますか?

 現在、充電工具の部品加工・製品組付の工程設計を行い、新製品を実用化する仕事を担当しています。 工程設計とは、解析や実験結果から部品の機能を満たし、低コストで品質が安定する加工方案・組付工程・梱包仕様など製品に関する すべての製造工程の設計を行うことです。現在は充電工具の3製品を担当し、常にコスト・品質・デリバリーのバランスを考えながら 仕事に取り組んでいます。

今までに苦労したことや大変だったことは?

 入社して初めて担当した大きな新製品プロジェクトにて新規部品の工程設計を行いました。 大学時代の知識や入社してから学んだ事を活かして、事前検証や自分なりの理論を立て、工程設計を進めました。 ところが自分の行った工程設計の検証を行うと、実際の加工現場でしかわからない事が多くあり、品質の良い安定した生産ができないと 不安を感じました。そこで加工現場を徹底的に調査し、加工先の方や社内の先輩社員・プロジェクトメンバーと相談し、 自分の調べた事に基づき工程設計を作り直しました。実際の加工立上げでも現場に立会い、一つ一つ工程を作り込むことで、 品質・コスト・デリバリーを満たし、無事期日通りに製品を実用化することができました。 初めての経験で上手くいかないことも多くありましたが、自分で調査・検証し苦労して考えた工程設計が上手くいき、 無事に製品を実用化することができた時の喜びは今でも忘れられません。この時の経験が大きな自信となり今の自分の成長に 繋がっていると感じています。

マックスでの仕事の面白さや魅力って?

 新規性の高い新製品を積極的に実用化しており、若いうちから新製品を担当し、充実した仕事ができます。 もちろん大変な事も多いですが、自分で理論を立て、解析や実験から起こっている現象・原因を調べ、事実を捉え加工方案を考える。 この一連のプロセスをチームで行い、自分で考えた工程設計がうまくいった時は本当に仕事の面白さを感じることができます。 また、新しい加工技術の習得や通信教育によるスキルアップなど自分がやりたい事ができる環境があることも魅力の一つだと思います。 個人的には、完成品メーカーに就職し、「自分の手がけた商品がカタチとなって世の中で使用され、それにより社会貢献ができる」、 これこそがマックス一番の魅力ではないかと思います。

ある1日のスケジュール

8:15 出社
8:30 朝一ミーティングにおいて技術的PRの発表
9:00 メールチェック・返信、日報の入力
9:30 図面検討・コストダウン打合せ
11:00 金属材料の組織観察
12:10 昼食
13:00 組立工程設計検討
14:30 プラスチック成形の流動解析
16:00 部内勉強会
18:30 帰宅
19:00 同僚とフットサル

先輩社員 の一覧へ戻る

ページ上部へ