ページ内移動用のリンクです

先輩社員を知る開発・技術

田口 聡 開発設計部 第1SEC / 2007年入社 / 機械システム工学科卒 これだけは他人に負けない、という「こだわり」を一つ持つこと。

今はどんな仕事を担当していますか?

 食品包装機のメカ設計を担当しています。メカ設計者の仕事は、製品仕様を作り上げる過程で、 お客様の求めている製品を現場で調査・探索し具現化することです。 その為、実際に食品工場で働いている人に試作品をテスト使用してもらい、使い易さや改善するポイントの抽出、 製品仕様の確認を行って、よりお客様に支持される製品開発を進めています。 具体的な開発業務としては、仕様を満たす性能、コストを計画に沿った日程で、 部品設計と実験検証を行いながら開発していきます。部品設計は3次元CADを使ったモデル構想を行い、試作品を作製します。 その後、機械調整を行って、不良の頻度、高低温の環境試験、耐久試験、現場テストといった各検証を行います。

今までに苦労したことや大変だったことは?

 低温環境下での機械の結束不良率の改善です。低温環境で検証を行ったところ、 包装袋をうまく結束できない回数が増加してしまいました。不良は、温度の影響で包装袋が硬化してしまうことが原因であり、 影響を少なくするよう機械調整を行いましたが、思った通りいかず、改善が進まない状態で行き詰まっていました。 しかし、チームメンバーでアイデアを出し合うと、新しい発想が生まれ、結果として改善に繋げることが出来ました。 具体的には、機械の挙動をハイスピードカメラ使ったスローモーション撮影で観察し、 不良現象の分析と対応を進めたことです。最終的に結束の成功率を上げ、成果に繋げることが出来ました。

マックスでの仕事の面白さや魅力って?

 私が考えるマックスでの仕事の面白さは、お客様の現場を訪問し、 お話を伺って現場をよく観察する中で、お客様の困っているポイントを設計者の視点から探し出し、 商品のニーズを研究することだと思います。現場のニーズを直接設計者が捉えて製品仕様や形状に盛り込むことで、 ライバルとは違った、お客様の真のニーズを取り込んだ製品を作り上げています。それにより、お客様に喜ばれ、 強い支持を得ることが出来ていると思うからです。また、課題に対してチーム活動で取り組む姿勢がマックスの魅力だと思います。 プロジェクトが課題に直面した時に、マックスではチーム全員で課題を共有、認識し合い、考え、議論します。 そうした活動を行うことで、難易度の高い課題に対しても、個人では到達できない大きな成果が達成出来ていると思います。

ある1日のスケジュール

8:15 出社
8:30 朝礼
8:40 メールのやり取り
9:00 ミーティングの資料整理、印刷
9:30 プロジェクトミーティング参画
11:50 昼食
12:40 モデル構想
14:00 外部企業との打ち合わせ
15:00 モデル構想
18:00 帰宅

先輩社員 の一覧へ戻る

ページ上部へ