ページ内移動用のリンクです

新製品はこうしてできる

マックスのモノづくりの流れ(PJ-CS51-BCの開発ケース)

マックスの新製品開発の原点は「お客様の声と現場」。開発部員も製品が使われている現場に入ってお客様の声を聴き、その作業を観察することから真のニーズやその先のシーズを引き出していきます。マックスらしい創意工夫に富んだオリジナリティー溢れる製品は、こうした実践の積み重ねから生まれます。
ここでは、お客様の声を拾い集め、真にお客様に満足される製品仕様を特定し、必ず業界をリードする製品になると私が自信をもって世に送り出した『充電式丸のこ(PJ-CS51-BC)』を例に、「マックスのモノづくりの流れ」を先輩の一場さんとともに紹介していきます。

開発設計部 吉田祐介(2010年入社)

  • 顧客調査・現場調査
  • 仕様決定
  • 設計
  • 検証
  • 生産
  • 販売準備(新製品勉強会)

ページ上部へ