ページ内移動用のリンクです

新製品はこうしてできる

  • 顧客調査・現場調査
  • 仕様決定
  • 設計
  • 検証
  • 生産
  • 販売準備(新製品勉強会)

3次元CADの活用やコンピュータ支援の高度な制御・計測・解析力の活用により、構想設計を実施。さらにチームで関わることでオリジナル技術の創出や設計完成度アップを図る。

ここでは、こんなことをしています

一場&吉田の解説

  • 一場朋典
    1997年入社
    機械システム工学修了
  • 吉田祐介
    2010年入社
    材料生産システム専攻修了

「仕様決定した事項を製品に盛り込んでいきます。3DCAD等の設計ツールを用いて強度解析や運動解析を行い、解析結果をフィードバックして製品を作り込んでいきます。大学で習ったよりもはるかに複雑で様々な要素を考慮した設計が要求されますが、上司・先輩にフォローしてもらいながら取組みました。寸法の一つ一つが、性能やコストに直結します。そのため、今では、寸法の一つ一つにこだわって設計に取り組んでいます。」

ページ上部へ