ページ内移動用のリンクです

商品のあゆみ

お客様の声をかたちにしてきた歴史

いまや建築現場に欠かせない釘打機。
実は、もともと釘打機の開発は、建築用でなかったことはご存知ですか?
そして、”お客様からの声”によって、進化していく建築現場の歴史を紐解いてみましょう!

建築・建設工具のあゆみ

  • ホッチキス編
  • 建築・建設工具編

1950年代

­

1958年

ガンタッカ(手動式釘打機)
「T-G3」発売

ホッチキスのメーカーが釘打機?!

マックスは戦後すぐにホッチキスの生産をスタート、1952年に“国産発”の小型ホッチキスSYC・10を発売、また1955年には当時販売していた鉛筆削器がヒットし、マックスは文具・事務器メーカーとして歩み始めていました。
そこで、さらなる文具事務器商品の拡充を目指し、ホッチキスの針を使用し画鋲代わりにポスターなどを貼るガンタッカを発売。
しかし、事務器としては、普及せず、住宅建築のモルタル工法のラス張り用として左官屋さんの必需品となりました。
同時期に、米国の釘打機メーカーから圧縮空気を動力源とした釘打機の情報を得て、マックスは、本格的な省力工具の開発へと向かうことになりました。

釘打機の発明者は誰?

1960年代
高度成長期

1964年
東京オリンピック

エア工具

1962年

ステープルを打ち込む(※1) 国産初のエア式ネイラ(※2) 「エアタッカT2-A」発売

エアネイラの用途は?

当時の家具メーカーでは、家具の“フラッシュの芯止め”(家具扉・ドアの内部の木質芯材を接合する)や、“椅子の布張り”の作業のほとんどが熟練した作業者が釘を口に含み、一本一本取り出し金槌で打っていました。

この時代は、政府から所得倍増計画が打ち出され、世はまさに高度成長期。住宅供給の拡大と結婚組数の増加により、家具産業の成長は著しく釘打機の需要は急速に高まりました。

※1 ネイラなど産業用工具に使用 する『ステープル』は、ホッチキスの針と同じ形状のまま打ち込まれ、部材を接合します。

※2 エアタッカは現在、エアネイラに呼称を統一しています。

エア工具

1969年

梱包用エアネイラ
「TA-50」発売

輸出産業の発展が、ネイラを後押し?!

昭和40年代後半は、輸出産業が脚光を浴びていました。輸出品には梱包のための大きな木製の箱が必要でした。これが輸出用重量梱包といわれるもの。その製造には、ネイラが不可欠で、当時は、海外製の釘打機が使用されていました。
マックスは、Tネイルを使用する大型ネイラ「TA-50」を開発、 梱包市場にも参入することになりました。

創成期 1960年代

1970年代

1973年
第1次オイルショック

1974年
北米の2×4工法認可

1979年
第2次オイルショック

エア工具

1973年

国産初 丸釘を打ち込める
「コイルネイルCN-60」発売

コイルネイルってなぁ〜に?!

“コイルネイル” とは、丸釘を針金で溶接して、ロール状に巻いたもの。

この頃、梱包向けの釘打機は、Tネイル用が主流でした。手打ちの釘打ち作業で使用されている丸釘はTネイルに比較して保持力があるという理由から、丸釘が打てる釘打機が市場では渇望されていました。

CN-60は、初めて長さ45mmまでの丸釘が打てる釘打機であるうえ、性能が大変優れており、梱包市場では急速な丸釘化していきました。

梱包市場から建築市場へ?!

丸釘が打てることで、梱包市場への普及が進んだ釘打機の、 次のターゲットは住宅建築市場でした。

しかし、ここで厚い壁にぶち当たります。

日本の伝統的な住宅建築は、仕口・継ぎ手などの柱の結合に、釘を使用しないことを誇りにしている工法でした。

そのため当時は、大工さんや金物販売店さんにほとんど関心を寄せてもらうことが出来ませんでした。

エア工具

1974年

2×4工法用
建設大臣認定ネイラ
「CN-70」発売

空前絶後の建築ブームの到来

1973年には、空前絶後の建築ブームの到来。

猫の手も借りたいほどの忙しさに、大工さんはようやくネイラを使い始めました。

さらに、追い風となったのは、1974年オイルショックのさなか、北米の2×4工法が建設省により認可されました。2×4工法は、別名「釘打ち工法」ともいわれ、建築現場で威力を発揮するネイラの存在を大きくアピールすることができました。

エア工具

1976年

自社開発のエアコンプレッサ
「AK-08U」発売

釘打機:開拓期 1970年代

1980年代

1982年
上越新幹線開通

エア工具

1980年

建築市場に本格参入する戦略商品
「CN-57」発売

普及率10%を超え、大工さんの必需品に。

エア工具

1985年

多機能ネイラの先駆け
「CN-540」発売

※現在の地位を確立したヒット商品

エア工具

1986年

世界初 ワイヤ/プラシート連結釘の専用機
「CN-610」発売

いまや常識!プラシート連結釘

この頃、建築市場への板金屋さんから、ワイヤ連結だと、ワイヤが飛んできて危険、また、打ち込んだ釘の横にワイヤの切れ端が出で、見栄えが悪いという声がありました。

そこで、解決したのが、マックスが開発したプラスチックの連結シート。

これにより、ワイヤ飛び防止や仕上がりが美しくなることにつながり、今では、プラシート連結は、業界のスタンダードとなっています。

エア工具

1987年

静音設計
「AK-615P」発売

駆動静か?!

この当時の建築向けのコンプレッサは、両手で持ち上げるような大きなものが主流でした。しかしこのAK-615Pは、片手で持ち上げることが可能。爆発的に市場に広がりました。

そして、今では当たり前となっている機能、静音設計。
この当時、ヒットしていたアイドルにちなんで…

“駆動静か”とネーミングをつけてPRしていた営業マンもいたとか…

コンクリートツール

1988年

世界初 反動吸収機能付連続打撃ネイラ
コンクリートへの釘打機
「CT-N300パワービッタII」発売

釘打機:展開期 1980年代

1990年代

1990年頃
バブル崩壊

1995年
阪神淡路大震災

コンクリートツール

1993年

世界初
鉄筋結束機
リバータイア「RB-260」発売

リバータイアとは?

コンクリートツール

1994年

コンクリート・鋼鈑用
スーパーネイラ「HN-120」発売

スーパーネイラってなぁ〜に?!

従来の約3倍の空気圧力を使用することで、高い打ち込み力とボディの小型・軽量化を図ったのが、マックスのスーパーネイラです。

当時、約140〜150万戸の住宅が新築されていました。大工さんの数は、約45万人と推定。(1991年事業所統計より)

長期的には、高齢化や後継者不足による現象が予想されており、住宅建築の効率化が求められるなか、製品化されました。

エア工具

1996年

スーパーネイラ建築市場向け本格展開
「HN-65・75・100」発売

釘打機:革新期 1990年代

エア工具

1996年

世界初 エア式ねじ打機
「ターボドライバ TD-432」発売

阪神淡路大震災からの教訓

住宅の高級化・高性能化が進むなか、阪神淡路大震災の教訓からも、さらなる耐震性能の向上が求められるようになりました。

その背景には、内装材の石膏ボードの接合にねじ化が急速に進むことになりました。

この変化をいち早く捉え、世界で初めて開発されたのが、ねじを打って締めるエア式の「ターボドライバ」。

従来の電動ドライバに比べ、疲労を軽減し、驚くほど楽にスピーディに、ねじ締め作業ができるターボドライバは、製品開発とマーケティング活動が優れていると評価され、1996年日経優秀製品・サービス賞の「日経産業新聞賞 優秀賞」を受賞しました。

2000年代

2002年
日韓共催
ワールドカップ

2007年
サブプライムローン

コンクリートツール

2004年

国産初 ガスネイラ
「GS-638C」発売

充電工具

2004年

世界初 プロ用電動工具に
リチウムイオン電池を搭載
充電式ハンマドリル
「PJ-R-201-BC」発売

エア工具

2004年

世界初 高圧で45mmのピンネイルが打てる
スーパーネイラ「HA-45P1」発売

径0.6mm×長さ45mmの釘を木材に打つ?!

ピンネイルとは、洋裁の針のように細い釘です。
想像してみてください。長さ4.5cmの針をまっすぐに木に打ち込む。
細いし、長いし…打ち込む途中で、曲がってしまうような…
それを実現したのが、「HA-45P1」です!
ピンネイルは、フローリングの廻り縁や幅木に使われる釘頭の小さな釘です。
でも、実は、市場で使われているピンネイルの使用長さは、35mm以下が92%、45mm以上は、たった8%のみ。(※2011年 当社出荷実績より算出)

しかし!マックスでは、わずかでも困っているお客様の声に応えるとともに、変化する施工方法に敏感に反応し、2006年には、50mmまで打てる「HA-50P1」を発売しました。

充電工具

2008年

充電ブラシレスインパクトドライバ
「PJ-ID141」発売

充電工具

2009年

充電式丸のこ
「PJ-CS51」発売

現場を知り尽くしたマックスだからこそ…

2004年に世界初 プロ用電動工具にリチウムイオン電池を搭載した充電式ハンマドリルの発売を皮切りに、インパクトドライバ、バッテリタッカ、丸のこ、ピンタッカ、…と発売し現在では、17機種となりました。
近年では、マックスの充電工具を使っているお客様から、「充電の持ちがよい」「パワーがある」など技術面への評価や「マックスの充電丸のこを使い始めたら、電気式の100Vの丸のこを使わなくなった」など、従来の電動工具のイメージを払拭した評価を頂いています。
作業現場を知り尽くしたマックスだからこそ、市場での「ここがこうなれば…」に対応した充電工具を皆様のもとへお届けできるのです。

エア工具

2009年

釘JIS規格改定に対応する
スーパーネイラ「HN-90N3」発売

高圧釘打機 スーパーネイラは、
建築現場のスタンダードに

1994年に当社が世界で初めて開発した高圧釘打機スーパーネイラは、発売以来、お客様から高い支持を受けながら、施工方法や建材の多様化に対応した商品を生み出し続けました。
現在では、全26機種。
建築現場では、高圧釘打機がスタンダードな工具として定着し、大工さんに愛されています。

マックスはこれからも、お客様の声をカタチにした商品を創造し続けます。次に商品化するのは、あなたの悩みを解決したホッチキスかも!?

­

ページ上部へ