ページ内移動用のリンクです

商品のあゆみ

お客様の声をかたちにしてきた歴史

家庭に1台、オフィスでは欠かすことのできない文房具、「ホッチキス」。
今では当たり前に存在しているホッチキスですが、実は“お客さまからの声”をもに様々な改良が重ねられてきたのです。
そのあゆみを、開発の背景とともにご紹介いたします。

  • ホッチキス編
  • 建築・建設工具編

ホッチキスのあゆみ

1940年代

卓上タイプ

1946年

3号ホッチキス
「ヤマコースマート」発売

文具界の3種の神器!?「ヤマコースマート」

ホッチキスが広まっていない戦後間もない時代、書類をとじるにはキリで穴を開け、ひもで結ぶのが一般的でした。今では“当たり前”なホッチキスも、当時は画期的な商品だったと言えます。

ちなみにこの頃、ホッチキスはマジックインキ、セロテープとともに「文具界の3種の神器」と言われていたそうです。

ホッチキス名称の由来

ホッチキスは誰が発明したの?

1950年代

ハンディタイプ

1952年

10号ホッチキス
「SYC・10」発売

オフィスに1台から、ひとり1台の時代へ・・・

当時にすれば画期的な卓上ホッチキス「ヤマコースマート」。しかし、サイズも大きく高額だったため、職場での使用が一般的でした。

そこでマックスは、「ひとりに1台持ってもらいたい」との想いから小型化の開発をスタート。こうして“国産初”のハンディホッチキス「SYC・10」が誕生しました。価格もヤマコースマートの半値以下に抑えたことで、ホッチキスはオフィスから個人へと、急速に普及しました。

ハンディタイプ

1954年

10号ホッチキス
「MAX・10」発売

ホッチキス=マックス 文具店で「マックスください!」

社名の変更にともない「SYC・10」を名称変更した「MAX・10」。普及するにしたがって、“ホッチキス”と“マックス”は同義語になり、文具店には「マックスください!」と買いにくる人が増えたそうです。

その後も改良を重ね、1967年にはホッチキス・針がJIS規格に認定されました。意外と知られていませんが、現在のホッチキスの仕組みはマックスが基準となっています。

「MAX・10」の改良の歴史

番外編 Vol.1いろいろな場所で活躍しているホッチキスたち

文房具として使われることの多いホッチキスは、わたしたちの身の回りでもたくさん活躍しています。
お客さまの声から生まれた様々なホッチキス。用途によってカタチも使いやすく改良されています

1958年

タッカタイプホッチキス発売

ポスター貼りや椅子の布貼りなど、各種工具に便利な木に打てるホッチキス。小釘の代わりに使用されています。

釘打機の歴史へ

1934年

プライヤータイプホッチキス
発売

クリーニング屋さんで洗濯物のタグ留めに使用したり、紙袋やビニール袋などの袋とじに使用したりと用途は様々。握りやすいペンチタイプのホッチキスです。

※このコラムに掲載している写真は現在販売中のものを使用しています

1970年代

ハンディタイプ

1973年

10号 スタンダードホッチキス
「HD-10」発売

1977年 ハンディタイプホッチキス累計販売台数 1億台突破!!

ハンディタイプ

1978年

10号ホッチキス
軽とじ機構搭載
「ホッチー」発売

従来の半分の力でとじられるホッチキスの開発

指の安定を良くするためにデザインを見直し、本体にリムーバを搭載するなど、これまでも各所に工夫を施してきたホッチキスですが、マックスはあらためて「とじる」ことに着目。「もっとラクにとじられるホッチキスはできないか」と考えました。

試行錯誤の上、1978年にテコの原理を応用し、とじる力を軽減した「軽とじ機構」を開発。従来の約1/2の力で作業ができるようになり、お子様の小さな力でもしっかりととじられるホッチキスが完成しました。

番外編 Vol.2ホッチキスの技術から生まれた 「オートステープラ」

印刷・コピー時の機能の1つである「ホッチキスとじ」。ビジネスマンにとっては常識となりつつある機能ですが、こちらもマックスが世界で初めて開発した技術。
大量の書類を作成する機会の多い方々のために考えられた「オートステープラ」は、今や世界シェア90%を超えています。

1985年

【複写機内蔵型】電子ホッチキス
「オートステープラ」発売

1980年代

ハンディタイプ

1987年

10号ホッチキス
フラットクリンチ機構搭載
「HD-10F」発売

フラットクリンチってなぁに!?

フラットクリンチとは、“フラット=平ら+クリンチ=打ち曲げる” すなわち、“平らに打ち曲げる” という意味です。

「重ねた書類がかさばるので、ホッチキスの裏をかなづちで潰している」というお客様の声をヒントにした、マックスによる世界初の技術です。とじた針の裏が平らになることで、書類の雪崩も起きず、省スペースで保管できるようになりました。

“フラットクリンチ”の原理

1990年代

1990年 ハンディタイプホッチキス累計販売台数 2億台突破!!

ハンディタイプ

1998年

10号 タテ・ヨコホッチキス
「ホッチくる」発売

タテにもヨコにもとじられる、マルチなホッチキス

通常のホッチキスとしてはもちろん、中とじをすることができる「ホッチくる」。「ちょっとした小冊子を作りたい」というお客さまの声に応え、開発されました。ペーパークラフトや紙箱のとめあわせに便利で、発売から長年経った今でも根強い人気のあるホッチキスです。

1999年 ハンディタイプホッチキス累計販売台数 3億台突破!!

番外編 Vol.3遊びゴコロ満載!ユニークホッチキス

タテヨコにとじられる「ホッチくる」など、現在でも一風変わったホッチキスがありますが、当時はユニークなホッチキスがたくさんありました。ここでは、その一部をご紹介します。

1985年

コンパクトホッチキス「minisize」発売
メモ帳とセットで500円

縦26mm、横35mm、奥行き17mmの超ミニサイズ。10号針が使用でき、タッキングも可能など、コンパクトながらパワフルなホッチキス。色もかわいらしいパステルカラーの5色展開で、若い女性を中心に大人気だった商品です。

1987年

カードタイプホッチキス「スタッカード」発売
専用カートリッジ針3本付で800円

クレジットカードやテレホンカードなど、カード全盛期に発売されたユニークなホッチキス。厚さも6mmと薄くて軽いので、胸ポケットからそっと取り出せば話題沸騰!?同時期にカードタイプのパンチも販売していました。

1988年

バータイプホッチキス「B&G」発売
10号針1000本付で800円

本体中央のボタンをスライドすることで先端が開閉するバータイプのホッチキス。色はホワイトとブラックの2色。「B&G」は「ボーイズ&ガールズ」の略で、姉妹品として「L&G」も発売していました。何の略称かは割愛します。

2000年代

ハンディタイプ

2002年

10号ホッチキス
<50周年記念モデル>
「パワーフラット」発売

10号ホッチキスの最上位機種「パワーフラット」

「軽とじ機構」、「フラットクリンチ機構」を搭載し、10号タイプながら、最大26枚もの書類をとじることができるホッチキス。マックスがハンディホッチキスを発売して50周年を迎えた2002年に、記念モデルとして販売されました。

ハンディタイプ

2007年

10号ホッチキス 
<SAKURIシリーズ>
「サクリ」、「サクリフラット」発売

“綴じる”の極み!サクリシリーズ

女性やお年寄りでも片手でラクに、確実にとじられることを重視して開発されたホッチキス。とじる力を約50%軽減し、予備針100本が収納可能な「サクリ」は、10号ホッチキス初の日本ユニバーサルデザイン研究機構に認定されました。また、「サクリ」にフラットクリンチ機構を搭載した「サクリフラット」は、ISOT2007(国際文具・紙製品展)で、“ステーショナリーオブザイヤー”を受賞するなど、シリーズで高い評価をいただいています。

軽い力でサクリと綴じる「使いやすさ検証済」快適ホッチキス サクリ・サクリフラット

ハンディタイプ

2008年

11号 新世代ホッチキス
<Vaimoシリーズ 第1弾>
「Vaimo11 FLAT」、専用針「No.11」発売

「No.11」

開発のきっかけは新幹線のビジネスウーマン!?

当時のマーケティング担当が出張で利用した新幹線。スーツ姿の女性が卓上ホッチキスを使い、肩で息をしながら何冊もの書類を作成している姿が目に入りました。社員は、後日その女性が勤める企業に訪問。実際に卓上ホッチキスを使っている方々に意見を聞いたところ、「とじる際にも、針を引き抜く際にも力がいる」「席を立つ必要があるのが面倒」などの不満を抱えていることを知りました。

そこでマックスは、卓上タイプに匹敵する小型ホッチキスの開発に着手。「軽とじ機構」の搭載に加え、新規格針「No.11」を開発することで、2〜40枚の書類をとじられる「Vaimo11 FLAT」が誕生しました。

通常のホッチキスの最大とじ枚数である20枚の「倍も」とじられることから「バイモ」と命名し販売したところ、「分厚い書類を片手でラクにとじられる」「その都度席を立つ必要もない」と大好評。その販売台数も、目標の“倍も”の実績となりました。

ハンディタイプ(小型)で40枚とじを可能にした技術の数々

2008年 ハンディタイプホッチキス累計販売台数 4億台突破!!

2010年代

ハンディタイプ

2010年

11号 新世代ホッチキス
<Vaimoシリーズ 第2弾>
「Vaimo11 STYLE」発売

「女性のほしい!」を追求したホッチキス

2008年に発売されたバイモ。機能面では高い満足をいただいていた一方で、手の小さな女性からは「本体がもう少し小さくなれば ・・・」という声がありました。

そこで「Vaimo11 STYLE」は、バイモの高機能はそのままに、本体のスリム化を図り女性の手にもやわらかくなじむ丸みのあるデザインにすることでフィット感を出しました。また、カラー決定は女性社員が中心になり、多数のサンプルの中から絞込みを実施。商品ロゴをやわらかさのある筆記体にするなど、細部にまで女性を意識したデザインに仕上げました。

番外編 Vol.4海外で活躍するマックスのホッチキス

日本では指先でとじるタイプのホッチキスが主流ですが、実は国によってホッチキスの使い方や呼称は様々です。
ここではマックスが販売しているホッチキスを例にご紹介します。

東南アジア

東南アジアでは、日本と同じように指先でとじる「ハンディタイプ」が主流。ちなみにタイではホッチキスのことを“マックス”と呼ぶそうです。

アメリカ

アメリカではハンドルを叩いて使う「卓上型」が多く使われているため、日本のものよりやや大きく頑丈。“ステープラー”と呼ばれています。

ヨーロッパ

ヨーロッパではペンチのように握る「プライヤータイプ」のホッチキスが使われています。イタリアでは「クチトリッチ」と呼んでいるそうです。

卓上タイプ

2011年

11号 新世代ホッチキス
<Vaimoシリーズ 第3弾>
「Vaimo80」発売

「No.11-10mm」

年間の販売目標を4ヶ月で達成した卓上ホッチキス

これまでの卓上ホッチキスは、「多い枚数専用」として、共有スペースで複数人で使うことが一般的でしたが、「Vaimo80」はサイズダウン・軽量化・とじ力の向上など、様々な工夫を施すことで、「ひとり1台」としても使いやすい仕様に改良しました。また、新規格針の「No.11-10mm」を採用したほか、バイモの技術を応用、とじこむ際に最もてこの働きが強くなる仕組みを新たに開発したことで、従来の1/3の力で2〜80枚の分厚い書類をとじられるようになりました。

番外編 Vol.5ついに登場!紙針ホッチキス

「紙針」

「カートリッジ装填時」
金属針が使えない職場に、業界初!紙針ホッチキス
家庭に1台、オフィスでも欠かすことのできない文房具として、当たり前に存在しているホッチキスですが、実はホッチキスの使用を控えなければならないオフィスがあります。それは、食品会社です。  元々、食品会社では、卵のパックやお弁当の蓋などをホッチキスでとめていましたが、10数年前から徐々に安全のために金属針が使われなくなってきました。その後、異物混入を避けるために、工場内や併設されたオフィスへの持ち込みが禁止になりました。
そこで、考えられたのが、“紙で紙をとじる”ということでした。 紙を針として使用するには、2つの課題がありました。1つは、失敗することなく書類を貫くこと、もう1つは、とじた後に長期間保持するための耐久性が必要でした。 7年もの開発期間の苦難を乗り越え発売されました。 紙製の針のため、書類の処分時も分別廃棄の必要もありません。最大15枚までの書類をしっかりととじ、とじ跡も目立たず、とじ直しもできる“紙針ホッチキス”の今後にご期待ください。

ハンディタイプ

2013年

10号ホッチキス 
<SAKURIシリーズ 第2弾>
「サクリフラット」発売

“綴じる”の極み!サクリシリーズ

軽い力で平らにとじるコンパクトなホッチキス「サクリフラット」にスイーツをイメージしたツートンカラーの愛らしいデザインに加え、10号針のパフォーマンスを最大限に発揮したとじ枚数 最大28枚を実現しました。

軽い力でサクリと綴じる「使いやすさ検証済」快適ホッチキス
サクリ・サクリフラット

マックスはこれからも、お客様の声をカタチにした商品を創造し続けます。次に商品化するのは、あなたの悩みを解決したホッチキスかも!?

ページ上部へ