ページ内移動用のリンクです

住環境機器事業

新築でも、リフォームでも、『健康空気が流れる』、『清潔で安心して住める』
快適な住環境づくりを提案します。

住宅の建築に釘打機で貢献するマックスが、住まいの快適環境づくりを提案します。建築基準法の改正で設置が義務づけられた24時間機械換気システム。ヒートショックをやわらげる浴室暖房・換気・乾燥機や電気式床暖房(PTC面状発熱タイプ)システム。さらには、ディスポーザシステムや住宅用火災警報器など、住まいの快適環境づくりを様々なカタチで提供します。

21世紀の「ホームアメニティ」を実現します。

シックハウス症候群やダニ・カビによるアレルギー症状の発生など、高気密住宅ゆえの悩みがあります
また、ヒートショック(温度差による急激な血圧変化)は、年齢を増すごとにリスクが増えます。マックスの住環境機器が、こうしたトラブルを避け、快適な住環境「ホームアメニティ」を実現します。

      

改正 建築基準法に対応した“健康空気”の「全熱交換型24時間換気システム」。

住まいの空気を24時間、新鮮でクリーンな状態に自動コントロール。これからの“健やか住宅”に欠かせない換気システムです。

「プラズマクラスターイオン」で、より健康的な空気を。

      

より快適で健康的な住空間の実現をめざして、シャープ(株)が開発したプラズマクラスターイオン発生デバイスを使用。浮遊しているカビ菌を取り囲み、抑制して、室内や浴室にはびこるカビの繁殖などを抑えます。(24時間換気システムの給気グリル、浴室暖房・換気・乾燥機に搭載)


      

      

キッチン廻りを清潔・快適にする「住宅用ディスポーザシステム」。

バスケットが取り出せ丸洗いできる、低振動・低騒音で、生ゴミを処理するブレード破砕方式など、独自の機構を搭載したディスポーザシステムは、都市部のマンションへの採用が進んでいます。

 

      

空気を汚さず健康暖房。
足元からお部屋全体を心地よく暖める「床暖房システム」。

      

PTCヒーター採用の床暖房は少ない電気量で快適・安全性の高い床暖房を実現します。

      

まさかの時も「火無安全(かないあんぜん)」。
音声と光で素早く火災警報を発します。

自動試験機能や高齢者にも聞こえやすい警報音など、充実機能で“住宅用火災警報器”の設置義務化に対応します。

­

ページ上部へ