ページ内移動用のリンクです

ネイラ物語

家一軒に使用される釘

家一軒に使用される釘は、いったい何本でしょうか?

日本の一般的な住宅は、在来の木造建築です。
この工法でどのくらいの本数の釘やステープルが家一軒に使用されているのか、総建坪が115m²(約35坪)の一戸建て住宅を例に数えてみました。

釘・ステープル、ねじの本数 屋根(10,780本)、天井(4,800本)、内壁(18,000本)、外壁(26,500本)、化粧材(6,000本)、土台・柱(5,870本)、床(4,000本)。1軒あたり、なんと!75,950本の釘やステープル、ねじが使用されていました

  • 本数はマックス調べ(2013年8月時点)。
  • 住宅金融支援機構を利用して家を建てる場合には、工事共通仕様書に基づいて、釘の種類、打ち方、間隔、本数などがきめ細かく決められ、住宅の品質が定められています。

グループ企業

  • 株式会社カワムラサイクル

ページ上部へ