ページ内移動用のリンクです

環境マネジメント

マックスは【ISO14001】を活用した環境マネジメントシステムにて環境保全取り組みを実施しています。全社的には社長を委員長としたEMS委員会を設置し、生産拠点である玉村サイト、藤岡サイト、高崎サイト、吉井サイトを登録範囲として、各サイト委員会にて活動の推進をしています。

ISO14001認証取得

 国際規格の環境マネジメントシステムISO14001を導入し、玉村サイトから運用を開始し、拠点単位にて認証を取得しました。
­

環境マネジメントシステム環境マネジメントシステム

環境教育

従業員一人一人が環境に関する理解を深め、自覚をもって活動するために、様々な教育・訓練を実施しています。
・ 一般教育は毎年テキストを作成して教育を行い、マックス環境宣言、環境基本方針、環境方針を記載した環境カードを配布しています。
・ 環境影響に深く関わる部門では、法規についての認識、緊急時の行動についての専任者教育や作業訓練を実施しています。
・ 年度ごとに、資格や技能の取得計画を立案し、能力者認定(有資格者)を行っています。
・ 内部監査員のスキルアップを図り、内部監査員教育を行っています。2011年度は、40名の内部監査員を登録しています。

法の遵守

適用される法を明確にして、必要な要件を遵守しています。
・ PRTR法に基づく化学物資の管理
・ 廃棄物の適正な処理
・ 大気や水質の定期的な測定
・ 省エネ法に基づく計画的なエネルギー効率の改善
・ EU RoHS指令などの法規制に基づく製品含有禁止化学物質の管理

環境監査

ISO14001規格に基づき、継続的な改善取組みを実施しているかを監査しています。
・ 社内の監査は全サイトにて実施し、(計画−実行−チェック−見直し)を回してEMSが適切に機能しているかを確認しています。

◆ISO14001:環境マネジメントシステム
環境に関する国際規格で、組織が環境に影響を及ぼすすことを調査して、その影響を削減するため、目標を立てて管理し、改善していくシステム。

◆PRTR法
人の健康や生態系に有害なおそれのある化学物質について、事業所からの環境(大気、水、土壌)への排出量及び廃棄物に含まれての事業所外への移動量を、国に届け出るとともに、国は公表する制度。

­

ページ上部へ