ページ内移動用のリンクです

環境宣言・基本方針

より高水準の環境保全を目指して・・・

化学物質による大気や土壌・河川の汚染、酸性雨による森林の衰退、オゾン層の破壊による生態系への悪影響、CO2による地球の温暖化、伐採による森林破壊、都市ゴミの増大化など。自然の破壊が原因で、いま地球環境は深刻な状況となっています。地球の未来と生態系の健全な維持のために、私たち企業は世界の一員として省資源や環境保全に責任をもって対処しなければなりません。 マックスでは、環境保全を最優先課題とし「環境に、人にやさしい製品の開発と供給」をテーマに、製造から廃棄に至るまで、事業活動のあらゆる側面から生じる全ての環境負荷を対象に、その削減に向けて日々努力しております。

環境宣言

環境に配慮した製品とサービスの提供は、マックスが目指す顧客価値創出の原点であり、社是に掲げる「良い製品を責任を持って供給する」ことの実践そのものです。マックスグループの企業活動すべてに関わる環境保全取り組みにおける行動の基準として下記の環境方針を定め、環境に優しいもの作りに取り組み、事業と環境の調和を目指します。

­

マックス株式会社

代表取締役社長 黒沢 光照

基本方針
  • 1. 製品の企画・開発・設計から生産・流通・使用・廃棄までの各段階における省資源・省エネルギー・有害物質削減・廃棄物の減量化等、環境負荷の低減に努めます。
  • 2. 環境関連の法律、規則等を遵守するとともに、自主基準等を整備し、管理の向上に努めます。
  • 3. 社員ひとりひとりが環境に配慮した行動をとれるよう、社内広報や教育を継続的に実施し、環境に対する意識向上を図っていきます。
  • 4. 本方針の実践に向け、環境目的・環境目標を設定し、スパイラル的に改善活動を推進します。
  • 5. 環境に配慮した技術、材料、製品、サービスなどの開発および管理の実施状況について、必要に応じて公開します。

­

­

マックスは主要工場および高崎事業所で、環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得しています。

­

マックス主要工場と高崎事業所

ページ上部へ